スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利根川サクラマス釣行

P5081909_convert_20150509091021.jpg

朝の用事をすませ、時計を見ると午前10時。
ここのところ気になっていた利根川の放流量、携帯で確認すると160t前後。
最近まで200t以上の放流量だったので、ベストの状態に近づくタイミングだ。
「いまから行けば、夕マズメにロッドが振れるな」
そう思い午前11時半に出発し、午後2時過ぎに利根大堰到着。
私が住んでいる地域は、どこに釣りに行くのでも最低2時間はかかる、
それが悩みの種でもある。

現場に到着すると、既に多くのアングラーで賑っていた。
対岸の釣り人も含めると、おそらく20人以上いるのではないか?
早速、近くにいた人に情報を聞くと
「釣れてます。今日、確認しただけでも8本、昨日はもっと釣れていましたよ!」
さて、あとはどこで釣ろうか?上流、下流とウロウロする。
最初に入ったポイントで2時間ほど探るも手応えなし、

「移動しよう」
上流に向かうと、ちょうど運良く帰る釣り人に会い状況を聞き、その場所に入釣させてもらう。
ラインの先に O'PARTS shell70mm を結ぶ。
以前から思っていたのだが、このミノーは利根大堰のサクラマスにはサイズ、ウェイト共に
ちょうど良いのではないか?今回の釣行はそれを確かめる目的もあった。
釣り始めて30分程したとき、「カン!」というハッキリとしたアタリを感じ、反射的に合わせる。
さすがにここまで遡上したサクラマスは、河口付近のフレッシュランに比べる事は出来ないが、
心地よくロッドを曲げ、ドラグを鳴らしてくれた。

P5081913_convert_20150509091710.jpg
ネットイン!

P5081921_convert_20150509092221.jpg
P5081919_convert_20150509092048.jpg

体長約50cmのサクラマスが、O'PARTS shell70mm をしっかりと咥えて上がってきた。
時計を見ると午後5時、現在の放流量は165t。 
狙い通りの1本が出て一安心して、「もう一頑張りするか!」 
その後2時間ほどやったが、50cmほどの丸太ウグイが2本釣れただけだった。
日が落ちて、あたりが暗くなってきた。
ラインも見えにくくなったので 午後7時に納竿とした。

P5081928_convert_20150509092521.jpg

地元の常連さんの話では、今月一杯はここ大堰で楽しめるとのこと。
梅雨時期も釣れるらしいが、これからは型が小さくなっていくらしい。
良型を求めるのなら、今がチャンスかもしれない。
皆さんも是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

P5081925_convert_20150509092359.jpg
ヒットルアーO'PARTS shell70mm ミヤベイワナ これがヒットカラーとなった

P5091930_convert_20150509095611.jpg

>>OPARTS shell バージョンのページはこちら<<


スポンサーサイト

利根川釣行記 (2014.4.12)


利根川釣行記(2014.4.12)

P4120604_400.jpg

P4121444_400.jpg

まだ早いかな?と思いつつも、利根川に行ってきました。

携帯で大堰の放流量をチェックすると、放流量82t。
ベストが100~120t位だと思うので
「あ~、少ないな~!ちょっと厳しいかも?」と
考えながら車を走らせ、利根川到着がAM7:00頃。

川を見渡してみると、結構釣り人がいる。

P4120606_400.jpg

P4121443_400.jpg

5~6人はいるようだ。
やはり水は少なく、いつも混んでいるポイントは浅くなっており、
魚は警戒していると思い、下流に移動しようと考えた。

それにしても風が強く、寒い!

下流のテトラ帯に移動し、タックルの準備をする。

P4121449_400.jpg


水量の多い時には気づかたなかったが、減水すると流れが変化する場所、
障害物のある場所などが分かってくる。
大変参考になるので、覚えておく。

私は本州の本流の遡上魚相手の場合は、
メインラインは、12LBから14LBとしている。
太い!と思う人もいるだろうが、
あちこちで悔しい思いをしてきて、
結果として12LBから14LBに落ち着いた。

風も強く向かい風なので、重めのスプーンとスピナーで攻めてみる。
まず、クルセイダーの10gを投入。
底を取ろうと思うのだが、思った以上に流れが速く重たい。
「コリャ、だめだ!」
すぐにクルセイダー17gに変える。いい感じだ。
ルアーをキャストしながら底を取り、
なるべく障害物のある場所を重点的に流して行く。
しかし、ニゴイすら釣れない・・・。

沖に目をやると、たまに「ゴボン!」と魚が出てくる。
「何だろ?」と思いながら、キャストを繰り返す。

時刻は昼近くなり、腹も減ってきた。
あと2、3投したらオニギリでも食べようと考えていると、
足元のテトラから魚が飛び出してきた。
「あれ?まさか違うよな?サクラじゃないよな?」
と思いながら、ルアーをスウェーデンのマイヤー社製
パンサー15g ゴールドに変え、アップにキャスト。
充分に沈めて底を感じながら巻いてくる。
テトラの際もとてもイイ感じで流してくると
「ゴン!」  「キター!!」
かなりイイ引きだ。 サクラであって欲しい!!
重さからして、多分あっても40~45cm位だろうと思い、
こちらは14LBなので、かなり強引にやりとりをして寄せてくる。

バスだ。多分スモールマウスバス。
さっき跳ねた魚の正体はコイツか?
目が赤く、35cm位。

「コイツ、引くなぁー!」
流れの中にいるせいか、引く引く!
霞ヶ浦のラージマウスより引いた。

結構、楽しませてもらったので、感謝をしてリリース。
ポイント的には障害物もあり、テトラにも隠れられるので、
魚には住みやすい場所だ。
間違ってはいない。もう少しココで頑張ろう。

P4121451_400.jpg

けれども、向かい風が強くなってきた。
風に当たっていると疲れるネ!
足場の悪いテトラの上に立ち、落水しないように気をつけながら、
ひたすらキャストをするも反応なし。
「今日もダメだな。そろそろ撤収するか」
と思ったところへ、またテトラの際からスモールマウスがジャンプした。
今度のはデカイ!40cmはありそうだ。
「今日はバスしか釣れねぇや!」

P4121450_400.jpg

車に戻り、少し遅めの昼食を取って帰ることにした。
途中、ウェーダーを脱いで帰り支度をしている釣り人を見つけ、
車を止めて話しかけてみた。
「どうでした?」(俺)
「手前まで寄せたんだけど、バレちゃいました!」(釣り人)
「残念でしたね」(俺)
「2、3回当たりがあったので、粘っていたら来ました。
 ルアーはバイブレーションです。
 風が強くて疲れてきたので、やめました」(釣り人)

話を聞かせてくれたお礼を言い、その場を離れて帰路につく。
やはりいるのだ!
俄然、ヤル気が出ましたヨ!
また近いうちに来よう!

やはり現場に行かなければわからないものだ。

今年こそは利根サクラ、釣ってみたいな!

P4120609_400.jpg
ノーザンレイク・ジュラルミンスプール(オレンジ)とテスト用のプロトミノー

タックルデータ
ロッド :フェンウィック スーパーフューチョ 8f9in
リール :ABU・カーディナル44
ライン :バリバスゲーム44
ルアー :ABU・トビー 20g ダイワ・クルセイダー 10g・17g
     ABU・リフレックス 12g マイヤー・パンサー 15g 



プロフィール

キーナイキング

Author:キーナイキング
北海道生まれで、茨城県在住のトラウトオンリーのルアーフィッシャーマン。
前職はJRAの厩務員。

普段は東北(サクラマス)や地元・関東の河川でモンスターサイズを求めてさまよい歩く。最終的な目標は、こよなく愛する北海道でドリームサイズをキャッチすること。

厩務員の経験を生かして、馬のグルーミング(お手入れ)の仕事も始めました。
馬のグルーミング教室、及び、皆さまが所有されている愛馬の個別のお手入れも致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。