FC2ブログ

赤川リベンジ 2日目 その3

JAFが到着するまでの間、皆でいろいろな話をする。

「これ、下手すりゃ修理工場行きかもしれないなぁ」と本波さんの友人。
「JAFに入ってます?」と本波さん。
「いいえ」と答えると
「入っていないんじゃ、結構高くなりますよ。
 ここで修理できればいいけど」
 と言われてしまう。
「ここで直ってくれ~」と祈るしかなかった。

約30分後、JAFが到着。

原因と思われる場所を調べ、いろいろと試した結果、決断が下された。
「これ、ここでは無理です。近くのディーラーまで運びましょう」
「・・・・・・ウッ!!」
言葉に詰まったが、しょうがない。
JAFに支払う金額、3万円弱。
痛い出費だが、こうなった以上仕方ないと頑張って自分を納得させる。

本波さんたちにお礼を言い、レッカー車に乗り込む。
「何かあったらすぐに電話下さい」
という本波さんの別れ際の一言が嬉しくて、涙が出そうになった。

ディーラーに到着して、さらに調べてもらって原因がわかった。
「修理代が42、3万かかりますねえ」とディーラーの人が申し訳なさそうに言う。
かなりの重症だ。

しかし、ここまできたら開き直るしかない。
「プロの目から見て、直すのと買い換えるのとどちらがいいと思いますか?」
と質問してみた。
「買った方がいいと思いますよ」とディーラーは即答。

それで腹が決まった。
「よし、買おう!」
ディーラーに中古の車を探してもらうように依頼し、レンタカーを借りる。
時計を見ると午後7時になっていた。
片道5時間以上はかかる。到着は午前0時を回るだろう。
「ハァ~」と深いため息をつき、車に乗り込み、出発した。
明日は茨城で仕事が待っている。

茨城までの車中で、考えを巡らせる。
「人生いろいろあるさ!前向き、前向き、それが一番!」

本波さんやその仲間の方に親切にしてもらったことが
本当に骨身にしみて嬉しかった。

この場を借りて、お礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!

そして僕も困っている人を見たら、親身になって助けてあげなければ・・・。
今さらながら、学ばせてもらった。

ハプニングに見舞われたけど、収穫もあった今回の釣行であった。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キーナイキング

Author:キーナイキング
北海道生まれで、茨城県在住のトラウトオンリーのルアーフィッシャーマン。
前職はJRAの厩務員。

普段は東北(サクラマス)や地元・関東の河川でモンスターサイズを求めてさまよい歩く。最終的な目標は、こよなく愛する北海道でドリームサイズをキャッチすること。

厩務員の経験を生かして、馬のグルーミング(お手入れ)の仕事も始めました。
馬のグルーミング教室、及び、皆さまが所有されている愛馬の個別のお手入れも致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード