FC2ブログ

北海道・元浦川釣行

ノーザンレイクのフィールドスタッフ・本間氏から、釣果報告がありました!

6月3日 元浦川 
「この日は、地元の静内川や新冠川ではなく、ちょっと遠征してきました。
静内から車で1時間ほどの元浦川。

日高山脈から流れる水は冷たく透明で、多くの鮭鱒たちを育み、
その昔は大ヤマメの川として名をはせた名川だ!

今ではブラウン、ニジマスに主役を譲ってしまったが、その分、シートラウト、
スチールヘッドの実績もあり、油断は禁物!
相変わらず釣師をあきさせることのない川なのだ。

午前5時半に到着し、早速支度をしてポイントに向かう。

めぼしいポイントを叩きながら移動して行くが、なかなかヒットしない。
途中、1度だけ追いがあったが、多分サクラマスだろう。
デカかった。60cm以上は軽くあったな。
釣ってはいけない魚なので、深追いはせずに移動。

釣り開始から、すでに1時間半ほどたっている。
『おかしいなぁ~、いつもなら小ブラや小ニジくらい釣れてイイんだけどなぁ~』
と思いながら釣り歩いていると、少し開けた瀬が見えた。

左から流れ込む瀬は、右岸にぶつかり下流へ、ぶつかりから10mほど下流からは
ゆったりとした流れに変わっている。
右岸にはコンクリートブロックが見えている。
多分、そこにはブロック同士を繋ぐハリ金なども沈んでいるだろう。
根がかりは避けられないなぁ~。

しかし!そういう所にこそ、魚はいるのだ。

スナップにシュガーディープ・チャートカラーを結び、ルアーロストを恐れずにキャスト!
着水と同時にハンドルを4~5回、回したときに「ガツン!」
流れの中にいる魚の引きは強い。同じ魚でも湖の魚とは引きの種類が違う。
上がってきたのは、テールのトリプルをガッチリとくわえこんだブラウントラウト、55cm。
時計を見ると、午前7時半だった。

CA3H0241_convert_20130609084815.jpg

CA3H0238_convert_20130609084909.jpg

結局、この日はこの1本だけだったが、翌週は湧別川へニジマスを狙いに遠征予定。
楽しみを残しておくためにも、この日はこれで納竿とした」

TACKLE DATA
ロッド :ダイワ・シーマ
リール :ABUカーディナル44(NLジュラルミンスプール)
ライン :バリバス・ゲーム12lb
ルアー :シュガーディープ、マキリ、クルセイダー17g
     ブレットン、OPAオロチ





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キーナイキング

Author:キーナイキング
北海道生まれで、茨城県在住のトラウトオンリーのルアーフィッシャーマン。
前職はJRAの厩務員。

普段は東北(サクラマス)や地元・関東の河川でモンスターサイズを求めてさまよい歩く。最終的な目標は、こよなく愛する北海道でドリームサイズをキャッチすること。

厩務員の経験を生かして、馬のグルーミング(お手入れ)の仕事も始めました。
馬のグルーミング教室、及び、皆さまが所有されている愛馬の個別のお手入れも致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード