FC2ブログ

利根大堰 OLDルアー釣行記



少し時期的に遅いかな?と思いながら、利根大堰に行ってきました。

現地に到着してみると、いるいる、人がたくさん。

P6140481_convert_20130616104412.jpg

P6140482_convert_20130616104904.jpg

平日だし、時期的なものを考えても、伸び伸びとロッドが振れるかな~と思っていたのに、
期待外れだ。

仕方ないので、下流へ移動。下流に行くほど、コイ釣りの人が多そうなので、
これはダメかな?と思って、再び上流へ移動する。

ヤブをかきわけ川岸をのぞいて、人のいない場所を探す。

降りて行ったらら、ひょっこり釣り人がいたので状況を聞いてみる。
「昨日もこのあたりで釣れたとブログに出てましたヨ!
型は小さくなってきたみたいですが、まだ釣れると思います。僕はサクラ狙いではないので、
どうぞ近くでやってもイイですヨ!」
と言ってくれたので、お礼を言い、少し下流に釣座をかまえた。

その釣り人はサクラ狙いではないと言っていたけど、ルアーはバイブレーションだったな。
それに随分大きなタモ網(サケでも救えるサイズ)を持っていた。
一体、何を狙っているのだろう?

さてこの日は、これを使いました。
P6140475_convert_20130616105308.jpg
ダイワクルセイダー旧タイプ 10g

P6140473_convert_20130616112332.jpg

水量は適水量の約半分、厳しいなぁ~と思いつつもやってみる。
ルアーが着水してから着底するまでのスピードで深さを測ってみるが、
思った以上に深さがない。

場所にもよるが、この場所でこの流速だと経験上、もっと深い方がイイ。
やはり厳しそうだ。

P6140463_convert_20130616110134.jpg

それでも、もしかしたらを期待してキャストを続けてみたが、ダメだ。
魚の雰囲気が全く感じられない。ニゴイさえも釣れる気がしない。

雨予報のはずだったが、この日の利根川は太陽が照りつけて
ジリジリ肌が痛くなってくる。
春先に来た時とは違い、水の匂いも渡る風も心地良く感じられない。

「もう終盤だからな!」と、釣れない言い訳を勝手に考えて、納竿とした。

「これからの釣りは上流だな」
そう思いながら車に乗り込み、焼けた二の腕を見ると真っ赤だった。

Tackle Data
ロッド  :フェンウィックスーパーフューチョ 8f9in
リール  :ABUカーディナル44(NLジェラルミンスプール)
ライン  :バリバスゲーム 14lb
ルアー  :DAIWAクルセイダー 10g 旧タイプ、ABUトビー 12g、ABUゾネット 12g
       クサモン・リッパ 7g



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キーナイキング

Author:キーナイキング
北海道生まれで、茨城県在住のトラウトオンリーのルアーフィッシャーマン。
前職はJRAの厩務員。

普段は東北(サクラマス)や地元・関東の河川でモンスターサイズを求めてさまよい歩く。最終的な目標は、こよなく愛する北海道でドリームサイズをキャッチすること。

厩務員の経験を生かして、馬のグルーミング(お手入れ)の仕事も始めました。
馬のグルーミング教室、及び、皆さまが所有されている愛馬の個別のお手入れも致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード