FC2ブログ

俺が初めてヤマベを釣った場所

俺が初めてヤマベ(ヤマメのことを北海道ではこう呼ぶ)を釣った場所。
それは北海道の新冠ダム・・・
新冠ダムは、ノーザンレイクという名前の由来にもなっていて、俺の道場みたいな場所だ。

P8100291_convert_20130914093253.jpg


あれは忘れもしない中学1年生の夏。
親戚のおじさんの車に乗せてもらい、解禁日の前日夜に新冠ダムに乗り込む。
もちろん車中泊。

当時おじさんは、町から依頼されて入漁料(当時は500円)の徴収の
仕事をしていたので、解禁日のダムに行くことができたのだ。

ダムのゲート入口に駐車をし、訪れる釣人から料金を徴収するんだけど、
来るわ、来るわ、それはたくさんの釣人がやって来た。

聞くと、明日の解禁日に札幌の釣りクラブの大会があるらしい。
くわぁー、すげぇーなぁー、新冠ダムすげぇーなぁーと、
俺はもうテンションMAX
興奮してなかなか眠れない。訪れる釣人の顔もみな、
明日の釣りにワクワクしているように見えた。

いよいよ迎えた解禁日当日。
夜が明けるか明けないかのうちに車外に出て、タックルを準備する。

ダム堤体に並んでいる外灯の下には、クワガタがたくさん落ちていた。

P8100287_convert_20130914092937.jpg

初夏(7月1日が解禁だった)とはいえ、北海道・日高地方の山奥の空気は
シーンと静まり、シャキッと冷えていて、とても心地よくて気が引き締まる思いがした。

その時のタックルは、ロッドはダイワ・ニューサンスピンL.6フィート、
リールはダイワ・スピンスター500、ラインはデュポン・ニューストレーン6lb(エルビー) だった。

初めて買ってもらった俺の自慢のタックルで、
みんなに「どうだ、俺のタックルを見てくれ!!」
とばかりに、誇らしげに釣りの準備をしていたんだ。

そしてルアーは、アブ・トビー7g、アブ・リフレックスの7gと4g、
ダイワ・クルセーダー8g

たったこれだけのルアーでも、俺にとっては頼れる実弾。
中学生が、この実弾を揃えるのにどれだけ勇気がいったことか
当時からアブのルアーは、1個500円はした。
釣り針1つに500円を投じるのには、夢と勇気が必要だった

スナップの先に必殺トビーを付けて、いざ出陣

P8100286_convert_20130914092614.jpg

駐車している車から300m程歩いて、釣り場を探す。
しかし・・・
ない!、釣り場がない!

そう、ここ新冠ダムは、人がロッドを伸び伸びと振れる場所がとても少ないのだ。

考えてみれば、当たり前だ。
渓谷をせき止めて作ったダムなのだから、当然、切り立った崖のような場所が多い。

P8100292_convert_20130914093453.jpg

それでも何とかゆるやかそうで、釣座を確保できそうな崖を見つけて降りて行った。
「よしっ、ここなら大丈夫だ!この程度の崖なら帰りも楽勝だな!」
下に着いた時に、そう思った。

さて、いよいよ第一投、トビーはストレーンを引き連れて、孤を描いて飛んでいった。
着水と同時にルアーが水中でギラッと光り、ロッドに振動が伝った。
「あっ、鱒だ!!」
初めての経験だった。着水と同時に鱒がルアーに食いつくなんて。

それからも何回もアタリと追いがあったが、1匹も釣ることができない。
(当時の新冠ダムの魚影はハンパなく濃かった)

釣りたい一心で、本で得た少ない知識を引っ張り出し、ルアーを替え、タナを替えた。

どんな時も反応はあったが、なぜか釣れない。
これは明らかに俺の腕が悪いのだ。

そこで考えた。
「そうだ!こんなにたくさんの魚がルアーを追ってきたのだから、元の場所に魚は戻らず、
すぐ近くに溜まっているかもしれない」

そして
「今までは、7g、8gばかりだったから、小さい仕掛けにしたら一発で食って来るかも?」
と閃いた。

スナップに結んだのは、アブ・リフレックス4gのオレンジに、シルバーブレード。
キャストして、充分に沈めて巻き始める。

そろそろ近くに来たかな?と思った時に
「ガクン!!」と、とてもハッキリした反応があった!

「やった!キタ!!」
ドキドキしながら、逃さぬように慎重に引き寄せ、陸に上げる。
「ヤッタ!!ヤッタ!!」
とても大きなヤマベだ。

体長30㎝、初めて見る大きさのヤマベで、リフレックスのトリプルフックを
ガッチリとくわえていた。

興奮しながら再びキャストをすると、日高の大自然はまたも奇跡を起こしてくれた。

「カン!」「おっ!?」「キター!!」

ゆっくりと慎重に引き寄せて、魚をズリ上げた。
銀ピカの美しいパーマークを見ながら、1人でガッツポーズ

そして他人に聞かれては恥ずかしいので、小さな声で何度も
「ヤッタ、ヤッタ」を連呼していた。

もう頭の中は、学校に行ったら友達に自慢することばかり考えていた。

すっかり一人前の釣師気分の俺は、その後もキャストをしまくったが、魚も馬鹿ではない。
やはりスレてきたのである。

やがて追いもなくなり、経験不足で引き出しの少ない俺は、
アッサリと白旗を上げざるを得なかった。

それにそろそろ、おじさんも徴収した料金を役場に届ける時間だ。
夜までやっていたい気持ちもあったが、帰ることにした。

「よし!ヤマベは持って帰って家で食べよう!」
母親にも自慢したかった。
柳の枝をエラから通してヤマベをかけると、険しい崖も何のその。
足取りも軽く、登って行った。

ヤマベを下げておじさんの車に戻る途中、
「兄ちゃん、どうだった?」
と、大会に参加していた釣人に声をかけられた。

俺は大きな声で
「はい!デッカイ、ヤマベが釣れました!」
と自慢げに答えた。

「おう、良かったな!」
と、俺の魚を見た釣人は言った。

P8100288_convert_20130914093123.jpg

P8100285_convert_20130914092758.jpg

家に帰って、新冠ダムの状況をあーだーこーだと説明する俺の話を、
母は魚をさばきながら、笑って聞いてくれた。

俺が釣り上げた2匹のヤマベは、ともに30㎝程で、1匹には卵が入っていた。
ヤマベの卵を見たのは、初めてだった。
母はそれを醤油漬けにしてくれた。

ひとしきり話し終えると、俺は疲れてその場で寝てしまった。

母に起こされたときには、もうご飯はできていた。
ヤマベの塩焼きに、ヤマベの筋子だ。

初めてルアーで釣ったヤマベは、最高に美味かった



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キーナイキング

Author:キーナイキング
北海道生まれで、茨城県在住のトラウトオンリーのルアーフィッシャーマン。
前職はJRAの厩務員。

普段は東北(サクラマス)や地元・関東の河川でモンスターサイズを求めてさまよい歩く。最終的な目標は、こよなく愛する北海道でドリームサイズをキャッチすること。

厩務員の経験を生かして、馬のグルーミング(お手入れ)の仕事も始めました。
馬のグルーミング教室、及び、皆さまが所有されている愛馬の個別のお手入れも致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード