FC2ブログ

アメリカの自然作家、ハル・ボーランドの言葉

ネットで偶然見つけた、アメリカの自然作家、ハル・ボーランド(Hal Borland)の言葉。

少年時代、夢中で魚釣りをしていた頃の、純粋な気持ちを思い出し、故郷・北海道新冠の自然豊な山や川が懐かしくなった。

『老若男女問わず、この国アメリカでもっとも人気の高い遊びは、恐らく魚釣りだろうと私は思う。
 もし、私の意見に意義を唱えるなら、そこの小川で目を輝かせて釣りに興じる少年をよく見てみる
 がよい。
 勘が良ければ、私の言っていることが分かるはずだ。
 つまり、実際に川に来て釣りをする時間というのは、魚釣りという奥の深い趣味の、ごく一部分に
 しか過ぎない のである。
 その少年は恐らく、今日この川に来るまでに別の川で父親から釣りを教わり、家では心を躍らせ
 ながら仕掛けを作り、興奮でなかなか眠ることのできない夜を過ごし、母親に早起きして作って
 もらったサンドイッチをカバンに詰めてここに来たのである。
 帰ったら、彼の半分以上誇張した大物釣りの話を喜んで聞いてくれる両親が、彼の帰りを待って
 いるだろう』


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キーナイキング

Author:キーナイキング
北海道生まれで、茨城県在住のトラウトオンリーのルアーフィッシャーマン。
前職はJRAの厩務員。

普段は東北(サクラマス)や地元・関東の河川でモンスターサイズを求めてさまよい歩く。最終的な目標は、こよなく愛する北海道でドリームサイズをキャッチすること。

厩務員の経験を生かして、馬のグルーミング(お手入れ)の仕事も始めました。
馬のグルーミング教室、及び、皆さまが所有されている愛馬の個別のお手入れも致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード