スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに利根大堰


久しぶりに大堰に行ってきました。少しの時間が取れたので、お昼ころに出発。
3時過ぎに到着して、手早く支度をしてレッツゴー。 周りから状況を聞く時間ももったいないので空いてる場所を見つけて速攻で陣取る。 今日は試作品を投げ倒すために来た。やれて3時間がいいところ、休むまもなくブンブンとキャストをしまくる。
これいいねぇ~!と 一人ニヤニヤしながら泳ぎをみている。 しかし、結果はノーフィッシュ。
ちくしょ~、悔しいがしょうがない。次回には釣ってやるぜ!
俺は不思議と、川辺に立つと釣れない気がしない人間です。まぁ、釣れない事の方が多いが、子供の頃からそんな感じで竿を振ってきた。  子供の頃、今なら 「そこで釣りはしないな」 と言うような場所でも、釣れることを信じて冷たい水の中に素足で立ち込み、足の感覚がなくなるまで釣りをしていた。そんな時、不思議と釣れることが度々あった。当時は餌釣りだったから、餌の匂いが魚を呼び寄せたのかもしれないが、釣れる、魚がいる、と信じてやる事もとても大切な事だと確信している。

P5100161_convert_20170515210538.jpg
下流にいた釣り人。暗くなるまで頑張る姿はとても絵になる。
この時期の立ち込みはまだ水温も低いので体も冷えるし、トイレも近くなるし、それでも釣り師は水から上がらず、1匹を追い求める。  自分が上がった後に他の人が入り釣ってしまうのではないか? あと1投で釣れるんじゃないか? いろいろ考えるんだろうな。 基本、釣り師は負けず嫌いではないか?そう思うときがある。
 
さて、帰るか。麦酒が飲みたくなった。




















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キーナイキング

Author:キーナイキング
北海道生まれで、茨城県在住のトラウトオンリーのルアーフィッシャーマン。
前職はJRAの厩務員。

普段は東北(サクラマス)や地元・関東の河川でモンスターサイズを求めてさまよい歩く。最終的な目標は、こよなく愛する北海道でドリームサイズをキャッチすること。

厩務員の経験を生かして、馬のグルーミング(お手入れ)の仕事も始めました。
馬のグルーミング教室、及び、皆さまが所有されている愛馬の個別のお手入れも致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。